川島むーのお茶祭り日記

お茶祭り企画代表、川島むーの心に映り行くよしなし事を、あれこれと

カレーの日

 相方が夕食不要の今日、バイト上がりの庄内で晩御飯を食べて帰る。久しぶりにちべさんのカレー。クリタ君、お付き合いありがとう。そして、『読む前に書けの本』もありがとう。

 

 カレーは、つぶ貝とナスのカレーとドライキーマカレーのあいがけ。つぶ貝たっぷり。ごちそう様でした。

29年

 29年。2011年からだって13年。子供たちが震災を知らなくて当然で、だから、どう伝えていくかと言うことを考える。
 能登の震災に関しての報道を見ていると、過去の震災の経験が生かされていることを感じる。ボランティアのあり方、物資の送り方、避難所での工夫。あるいは、簡易トイレの作り方とか、女性や子供の安全(1人で行動しない、させない)とか、障害のある方の避難についてとか、今まであまり伝えられていなかったことが取り上げられている気がする。
 それは、つまりこの国がそれだけ災害を経てきたと言うこと。その蓄積。伝えていくことの大人の責任。
 改めて考える、今年の今日です。

ゆらっとぽえゆら

 今日は、2024年最初のぽえゆらでした。明日が明日だけに、15年目に書いた「センチメンタル・ジャ〜ニ〜」を詠もうかと思ったのだが、あ、ここは3分制限だったわ。やはり、今年は詠まない方がいいってことかな。
 と言うことで、詠んだもの。自作「学童点描〜守り神」「鬼という字」、そして『翻訳文学紀行Ⅳ』から巻頭の言葉を。
 おかしくて変な人が集まるぽえゆら@マガユラ(野田)。次回は2/20です。
 参加者の皆様。

 どくさいスイッチ企画さん(写真3枚目)は、R-1挑戦中。

 

短歌について談笑する人々、そしていつもの駅から振り返るマガユラ。




台本そしてキャスティングへ

劇ゼミさんの演劇教室の体験会も、あと少し。発表会に向けての台本に四苦八苦して、今日、配布。ドキドキ。
シニアクラスもスクールクラスも、楽しんでもらえたようでほっとする。
さて、次のミッションはキャスティング。あて書きしてるわけではないのでね、来週まで、七転八倒ですな。