川島むーのお茶祭り日記

お茶祭り企画代表、川島むーの心に映り行くよしなし事を、あれこれと

散髪とザリガニと

 友の居る美容室へ散髪に。戸塚で近所の美容院に行ったりもしたが、やはり、勝手知ったる 友にしてもらう心地よさは大事。旧交を温めると言う意味でもあるし。長さはキープ。でも、量はとにかく減らして、と言うオーダーに、テキパキとはさみを動かすOちゃん。ますます仕事が早くなってませんか?そんな中でも、互いの近況を報告しあう。しかし、なんやろね、この髪の量は。床に山になった髪の毛。「こっちの方が多いんと違う?」「すいただけやのにね〜」

 その後、箕面のヴィソラへ。母・姉・妹・甥っ子と合流して遊ぶ。水遊びをしたい甥っ子ルーカ(日伊合作少年)を連れて、川へ。皆さん何を熱心に?と思ったら、ザリガニ釣りですか。興味津々のルーカ。ミラノには、居ませんか?
 バケツいっぱいに吊り上げている男性の側へ行き覗き込む。愛想のいいパパさんで、ひょいとつまみ上げて持たせてくれる。大はしゃぎのルーカ。他にも同じくらいの年齢の男の子が居て、言葉は通じなくても、思いは通じるのね、ザリガニを介してじゃれている。って、え?・・・ルーカ?

「ダメダメ〜ッ!」(彼の、ささやかな日本語の語彙の中に、これがあるのだな)

 突然猛ダッシュで逃げる。あのねぇ、近くに居た子に、ちょっとザリガニを目の前に「ほれ!」と近づけられただけで、そこまで逃げるか?自分でつかんでたやん。で、それをさっき、その子に向かって近づけてたやん。同じことしとったんやで。大胆で、人懐こくて、でも、内弁慶ってか?漫画のような逃げっぷりに大笑い。はよ戻っておいで〜。
 買い物に一区切りつけて戻ってきた姉は「それどうするの?パスタにでもするの?」・・・イ、イタリアン・ジョークですか?

 ひとしきり遊んでから、家族とは別行動。2劇の稽古にちょいと顔を出す。台本と稽古をちょいと拝見。 ふむふむ、なるほどね〜。大変そうね、でも面白そうじゃないですか。本番を楽しみにしておりますよ。