川島むーのお茶祭り日記

お茶祭り企画代表、川島むーの心に映り行くよしなし事を、あれこれと

【お知らせ】出演、教室

中止のお知らせ

清流劇場『織工たち』
 

 清流劇場『職工たち』は、3月5日、中止が発表されました。残念で、悔しいです。
 なにより、楽しみにして下さっていたお客様に申し訳ないです。直前まで、対策を取り、上演のつもりでいたのですが……。
 取り急ぎ、まずはお知らせを。
 劇団からの声明文はこちらから。

seiryu-theater.jp

f:id:ochamatsuri:20200126232449j:plain
f:id:ochamatsuri:20200126232453j:plain


****************

 

清流劇場2020年3月公演『織工たち Die Weber』

 原作:ゲルハルト・ハウプトマン

 構成・演出:田中孝弥

 翻訳・ドラマトゥルク:丹下和彦

 ドラマトゥルク:柏木貴久子

【公演日程】

2020年

3月11日(水)19時

3月12日(木)19時

3月13日(金)14時・19時

3月14日(土)14時(終演後、アフタートークがあります)→出演者はwebで公表します。

3月15日(日)14時

※各回、開演15分前より田中孝弥によります《ビフォアトーク》を行います。

 【入場料金】日時指定・自由席

(公演サポーター様の優先入場。その後、整理券番号順でのご入場となります。)

一般前売券4,300円 当日券4,600円

ペアチケット8,000円

U-22券2,500円(22歳以下の方を対象。要・証明書提示)

シニア券4,000円(65歳以上の方を対象。要・証明書提示)

*ペアチケット・U-22券・シニア券は、前売発売のみとなります。

*開演1時間前より整理券を発行、開場は開演の30分前です。

*小学生以下のお客様はご入場になれません。

★当日券のお客様は、開演10分前からのご入場となります。

★当日精算券のお客様は、あらかじめお名前とご来場日時・人数・券種(一般・ペア・U-22・シニア)をお知らせください。

【会場】一心寺シアター倶楽

〒543-0062 大阪市天王寺区逢阪2-6-13 B1F

tel:06-6774-4002

http://isshinji.net/kura/index.html

*各線「天王寺駅」、Osaka Metro谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅」、堺筋線恵美須町駅」より、徒歩約10分。

*お客様用駐車場はございません。お車でお越しの場合は近くのコインパーキングをご利用ください。

【出演】

上田泰三(MousePiece-ree)・髙口真吾 ・倉増哲州(南森町グラスホッパーズ) ・峯素子(遊気舎) ・服部桃子・日永貴子・田村K-1 ・永津真奈(Aripe)・萬谷真之 ・曽木亜古弥 ・川島むー(お茶祭り企画) ・東出ますよ ・土肥嬌也 ・冨迫晴紀 ・坪田直大(音声劇団五里夢中) ・浜本克弥(小骨座) ・佐松翔 ・深見悠稀  

【音楽・演奏 】

仙波宏文 Semba Hirofumi 

【スタッフ】

舞台監督:K-Fluss 舞台美術:内山勉 舞台美術アシスタント:新井真紀

照明:岩村原太 照明アシスタント:塩見結莉耶 照明オペ:木内ひとみ

音響:廣瀬義昭(㈲ティーアンドクルー) 衣装:HIROKO

小道具・パンフレット本文デザイン:濱口美也子

ヘアメイク:島田裕子 ヘアメイク監修:歯朶原諭子(High Shock)

振付:東出ますよ 写真:古都栄二(㈲テス・大阪) ビデオ:㈱WAVIC

web・制作協力:飯村登史佳 宣伝美術:黒田武志(sandscape)

特別協力:森和雄 演出助手:大野亜希

協力:㈲ウォーターマインド・イズム・㈱舞夢プロ・㈱リコモーション・10ANTS・㈱ウィングウェーヴ・バンタンデザイン研究所大阪校

堀内立誉・佐々木治己・川口典成・森岡慶介

提携:一心寺シアター倶楽

制作:永朋

企画:一般社団法人清流劇場

 

教室

朗読教室 声を出して読んでみる会

*申し訳ありません。3月の教室はお休みとさせていただきます。4月の予定については、また改めて。

 

 
f:id:ochamatsuri:20190404164820j:plain
f:id:ochamatsuri:20190404165237j:plain



  肩肘張らず、言葉の響きやリズムの楽しさを、一緒に味わいませんか?
 古文から近代・現代まで。詩・小説・絵本など。タイトルは知っていたけれど読んでいなかったあの小説、昔読んだ懐かしい物語、改めて声に出してみることで、きっと新たな発見があります。
 読書会の要素も兼ねた、朗読教室です。

 まずは、深呼吸。そして顔をほぐすところから。声を出すって、美容にも効果的なのです。

《料金》一回500円(資料代込み)。
《日時》毎月第2木曜日 14時~15時半
    *2020年3月は、第3木曜日3/19開催です。

   公演などにより変更になる場合もあります。初めてご参加の方は、お問い合わせください。
《場所》豊中市長興寺南3-14-18 サンライズフレア105
   (阪急・宝塚線曽根駅 徒歩10~15分)

    マンションの空き部屋での開催です。小さなお子様連れでの参加も可能です。

 

【諸々お問い合わせ・ご予約は……】

 お茶祭り企画 info@ochamatsuri.jp

          06-6863-0751(留守番電話&faxあり) 

 

千秋楽であったはずの一日

最終通し

 中止になった清流劇場『織工たち』。本来なら今日が千秋楽でした。
 劇場入りしてセットも組んでいたのですよ。
 最後の通し稽古の写真が公開されました。

seiryu-theater.jp

 

文化・芸術

 こんな声明が出されました。我が国は……と嘆いてばかりいても仕方が無いと思いつつ……

www.nippairen.com

 

観たい映画

 ダンシングホームレス、観たいのです。一度だけ、ソケリッサさんが参加されている稽古を見せていただいたことがある。今も、その時の強い印象が残っている。

sotokoto-online.jp

 

久々畑
 

 本来なら千秋楽だった今日。芝居を観に行くことも考えたのだが、相方も家にいるので畑の手入れ。
 秋以降、ほったらかしになっていたのね。二人して忙しく、まぁ、トマトのアイコがいつまでも実がなるもんで、つい、それを見守っていたりもしたのですが。
 枯れたトマトとバジルを抜いて、びっしり生えていた草も抜いて。草に守られて、土はいい感じになっております。もともと駐車場だったところに土を入れた畑。最初の頃から比べると、随分、色んな草が生えるようになったなぁ。虫も色々。面白い。
 てことで、畑の我が家エリアは、隅っこにネギネギネギ……、そしてひょっこり生えてきたニラ。それだけ。さて、次は土をかえして畝を立てて、何を育てようかな。

f:id:ochamatsuri:20200316003441j:plain
f:id:ochamatsuri:20200316003451j:plain



 畑にひらりとやってきた蛾。駐車場に止まったところで、パチリ。
 虫も草も、眺めるのは好きだけど詳しくはないので、この方のお名前も判らず。そう言えば、たくさん生えていた草の中にも、食べられるのとか、あったのかもね。

 

一日遅れの

 

 日が落ちたところで畑作業にひと区切り。そこからご飯作ってると遅くなるので、近所の「こまめ」さんへ晩御飯を食べに行く。

 

f:id:ochamatsuri:20200316003446j:plain



 帰りにコンビニに寄って、ホワイトデー的買い物をしてもらったのでした。安上がりな伴侶で良かったね(笑)

それは、買いだめ?

 

買いだめについて

 たくさん買ってる人、慌てて買ってる人がすべて、情報に踊らされているとは思わないでください。
 このペーパー類のパニックって、休校も拍車をかけたと思うのです。
 少子化の世の中でも、子供さんの多い家庭はあります。私の近所でも、お子さんが二人、三人のご家庭があります。
 急に春休みが前倒しで来たわけです。そりゃあ、消耗品の消費量は半端ないわけで、普段の倍以上のストックが必要になります。学校で余ったのが支給されるわけもないですから。
 学童保育もそうですね。急に朝からの開所で、大量に必要になります。
 必要があって買い込んでいる人もいることを心に留めておいていただければ……
東日本大震災の時はね、実際、子供達のおやつを買ってると「そんなに、買いだめしなくても」(ヒソヒソ)ってのがあったのですよ。子供達(40人くらいだったかな)の1日分のおやつだったんですけどね。

 

白の日

  我が家のスケジュールにホワイトデーと言うものは無いらしい。いや、いいんだけどね別に……いいんだけどね……いいんだけどね……

日常と非日常の現実

文化を守る

 ドイツ政府の声明

 

 日本で起きている事

www.data-max.co.jp

 

支援

 横浜でバイトしていた学童も、今のバイト先学童も、ローソンのおにぎり無償提供を受けたらしい。感謝。
 私は当初の予定通り週明けからの復帰。子供たちが、この状況を楽しんでくれてますように。

一杯の時間

f:id:ochamatsuri:20200314223513j:plain
f:id:ochamatsuri:20200314223517j:plain

 少し早めのホワイトデーに手作りプリンをいただきました。って、これは、ポイント高いよな。
この写真を相方に見せたら、嫌味と思われるのか、発奮してくれるのか。
 今日は久しぶりにコーヒー。基本がお茶派な私は、特に公演前はコーヒーを飲まなくなる。だから、久しぶりのコーヒーは美味しく飲みたいよ。
 チラシを置かせて貰っていたパン屋トラムさんでパンを買い、チラシを置かせて貰っていたマホットコーヒーさんへ。
 この状況下で、人と直接関わる身は、色々厳しいよね。そんな思いを語りながら。私の飲む一杯のコーヒーでは貢献度は低いけれども、ね。
 うん、どうやら、ひとつ書けた。
 この状況下、自分はなにを嫌だと感じているか。あの、9年前と似た空気、その共通しているものは何なのか。
 ひとます、一歩、踏み出せたようですな。
 さて、書けたものは、今月のポエトリーナイトフライトで、披露となるか?実は、もうひとつ、言葉が転がり始めている。さて……

地元

 あ~、聖火、めっちゃ近所を通るんや。聖火が見たいと言うより、そんな時の人とか警備とかマスコミの様子を見たいと思ってしまうのでした。で、通りすぎて規制が解除される時の様子なんかも。
 スーパーに買い物に行って、遠巻きにしてくるか?

あいさつ

 あいさつをすることの大切さ。震災でより強く思った事。
 会った時のおはようもこんにちはも大切だけれど、別れる時の挨拶も大切に。
「いってきます」「いってらっしゃい」「さよなら」「またね」
 それがその人と顔を合わせた最後になるかもしれないから。
 阪神淡路大震災は早朝。多くの家族は一緒に居た時間。都市直下のあの地震が通勤時間や日中だったら、と想像してぞっとした。
 東日本大震災の時は日中で、家の中、激しい揺れの中で外の様子は判らず、頭に浮かぶのは阪神淡路の時の情景。もう、大切な家族に会えないのではないか。朝、彼はどんな服を着ていただろう。そんなことを考えていた。あれが最後。そんなことも考えた。
 日常は、ついおろそかにしがちだけれど、これだけは。

 もともと、いってらっしゃい、いってきますは大事にしたくて、互いの習慣が違う結婚生活の中で「これだけは」とお願いしたこと。9年前の今日、無事に帰って来た彼の姿を見た時の泣き出しそうな思い。あれ以来、彼もその意味は、判ってくれたよう。

 写真は9年前。

f:id:ochamatsuri:20110311180129j:plain
f:id:ochamatsuri:20110316122141j:plain
f:id:ochamatsuri:20110316122209j:plain
f:id:ochamatsuri:20110327224638j:plain



・日が落ち始めた頃。明かりの消えた街
・今のデマでの紙類不足ではなく、リアルに無くなっていた
計画停電
・近所のコンビニは八百屋さんでもあった。

9年目

f:id:ochamatsuri:20200314223509j:plain

 9年前の3月11日の午前中、大阪の実家から、横浜の住まいに荷物が届いた。
 果物だのなんだのと一緒に「いかなごくぎ煮」が入っていて、春を感じてウキウキしていた。
 ウキウキしていたのは、楽園王の『楽屋』の稽古が本格的に始まる日でもあったから。『楽屋』2ヴァージョン+『かもめ』って言う、なかなか面白い企画だったのだよ。
 そんな浮かれ気分を吹っ飛ばした2時46分。
 朝、出掛けるときの夫の姿、稽古のこと、学童の子供たちが下校時間であること、いろんな事が頭をよぎった。
 その後の余震、原発事故、物不足、計画停電、ザワザワする毎日。ゴールデンウィークに大阪に帰省した時に、ずっと緊張しながら生活していた事に、気が付いた。
 今、また、あの時のようなザワザワした思いを抱えるとは。
 演劇人としてのあり方、子供たちとの関わり、大切なことを忘れてはいないか。自分の立ち位置を、見直す日。
 カレンダーのグレーが、毎年、私の心を引き締める。

落ち着かない

別役作品

 別役実氏が亡くなられた。

 若い頃は、ちょっと苦手だった別役作品。今は、機会があればやってみたいと思っている。

 

フォロー

 ここ数日、相方が優しいよ。
 あれ?やっぱり私、落ち込んでるのか。うむむ。
 そろそろ学童バイトに復帰。一応、こう言う体制にしてますとは聞いているけれど、実際、どんな様子かな。

 そう言えば、ゴッホ展、どうなるんかなぁ。こっちに来るんやからと思って上野は行かなかったのだが……
 同じ兵庫県美での田中達也さんのミニチュアライフ展は中止らしい。

あられはやっぱり……

 雛あられ、いや雛チョコあられ。
 今年の雛あられはぼんちのを買った。そして、とよすが出しているチョコあられだけのパックも買った。
 と言うことで、「ぼんち」と「とよす」の雛チョコあられを比較することとなる。
 はい、結果。私は「とよす」の方が好みでした。