川島むーのお茶祭り日記

お茶祭り企画代表、川島むーの心に映り行くよしなし事を、あれこれと

〈お知らせ〉未来に向けて(9/28更新)

未来への日記

 未来日記で、今後の予定がトップに来るようにしているお茶祭り日記なわけですが、コロナウイルスのお蔭で、4,5月の予定がすべてキャンセルになりましたが、ぼちぼちと動き出しております。

 8月ライブ出演、9月ひとり語り芝居決定(配信も行います)。入場者数を抑え、取りうる対策をし、万が一の場合は中止になることも覚悟で。ご予約はお早めに。

呼んでくださいお茶祭り企画

「呼んで下さい、お茶祭り企画」なのです。

 実は、もともと夏あたりに「あちこちライブ・スペシャル」をやろうと企画しておりました。なにがスペシャルって、ピアノの本多千紘さんとあちこちやりたいな、と。
 昨年の本公演『ヨル♪宮沢賢治’19』の中から、ひとり語り芝居『よだかの星』をピックアップ。ピアノのあるスペースに出掛けようと考えております。
 目下、大阪市内の自宅サロンからご依頼をいただいております(詳細は、次に)。
 ピアノと役者一人が動くスペースさえあれば、上演可能。なので、学校の音楽室、公民館、その他施設、ご自宅でも出来ます。ギャラ等は応相談。短い作品なので、一日に2回も可能です。
 ちょっとマニアックな解説も入れて、どちらかと言うと大人向けに作っているお茶祭り企画の宮沢賢治作品ですが、「よだかの星」は子供から大人まで味わっていただけると思います。
 また、ピアノなしで、役者一人での演目もありますので、そのあたりは、ご相談。

 この災禍で予定をキャンセルして空いてしまった枠、規模の大きなもの、人数の多いものを呼べなくなってしまったところもあるかと思います。コンパクトなユニットなので、身軽に出動いたします。
 こんな時のためにフットワーク軽くしていたんだわ、と思うのです。
 ご依頼、ご相談、お待ちしております。

【諸々お問い合わせは……】

 お茶祭り企画 info@ochamatsuri.jp

        06-6863-0751(留守番電話&faxあり)

 

ひとり語り芝居・配信(9/24~10/5)←延長となりました

f:id:ochamatsuri:20200824002236j:plain

 オンガージュ文学館〜宮沢賢治の命日に寄せて
 こどもから大人まで楽しめるひとり語り芝居
  〜宮沢賢治の命日に寄せて「よだかの星
【主催】オンガージュ・サロン
【協力】お茶祭り企画
 

☆動画配信 2020年9月24日〜10月5日(延長しました!)

【料金】一律1,000円
◉購入期間 2020年9月1日〜10月4日
◉PC、スマホタブレットでインターネットから見られる環境が必要です
◉ご購入後にメールでパスワードをお知らせします
◉期間中、何度でもご視聴可能です
 
ご購入は以下のサイトから。

www.engage-salon.com

f:id:ochamatsuri:20200928144935j:plain
f:id:ochamatsuri:20200928162839j:plain

 

 22日は外にあってお客様をお迎えしていたお迎え花は、21日の収録時には舞台上にありました。「お、これは使える」と、あるシーンに生かしております。そこにあるものは何でも使います、お茶祭り企画。

朗読教室「声を出して読んでみる会」秋もオンライン

肩肘張らず、言葉の響きやリズムの楽しさを、一緒に味わいませんか?
まずは、深呼吸。そして顔をほぐすところから。声を出すって、美容にも効果的なのです。

《料金》月2回1500円(一回のみの場合1000円)
《日時》10月8日(木)、10月22日(木)14時~15時半

マンションの空き部屋で開催していた朗読教室「声を出して読んでみる会」、コロナ禍でしばらくお休みしておりましたが、オンラインで再開しました。
今まで参加できなかった遠方の方の参加もあり、当面、オンラインで継続いたします。
有料で、回数は月2回に。

zoomを使用する予定です。お申し込み下さった方に、接続先と会費の振込先をお知らせし、テキストも送らせていただきます。

ご希望の方は、メッセージを。
以下の、お茶祭り企画問い合わせ先へお願いいたします。
《問合せ》お茶祭り企画 info@ochamatsuri.jp
06-6863-0751(留守電・faxあり)

箕面へ

f:id:ochamatsuri:20201017225757j:plain

 朝の畑。空に浮かぶ「X」。

f:id:ochamatsuri:20201017225818j:plain

 近所の池にご一行様、いらっしゃ~い。
f:id:ochamatsuri:20201017225812j:plain
f:id:ochamatsuri:20201017225748j:plain

 箕面駅のすみっこ。子供が一緒に写真撮るんだろうな。

 箕面駅前のゆずる君。全国4位おめでとう。
 てことで、実家へ。まぁ、あれだ、親父の布団の入れ替えだ。ついでに、姉の部屋(防音)を借りて稽古。来月ね、ささやかな会をやる予定。時間を測りたくて。3作品。うん、時間的にはいい感じ。さて、精度を上げるべし。空間的にマスク着用での朗読になるから、心して。
 はぁ、木曜日に箕面に行くと、駅前のたこ焼き屋さんがお休みなんだよなぁ。これだけは、残念。

 

ヘレネ

 本日は、清流劇場『逃げるヘレネ
 くっ、口を開いたらネタばれをぼろぼろやってしまいそうなので、取り急ぎこれだけは言っておく。
 清流劇場のギリシャ劇は面白い。
 このコロナ禍ならではの演出で笑わせてくれます。
 ギリシャの昔も今も、人間ってのは……変わらない。アホで愛おしくて懸命で。そんなことを思う帰り道でありました。
 
 古典と言う枠は、むしろ自由になれるんだよなぁ。

エントリー

エントリー

 実は、ポエトリー・ナイトフライトにエントリーしております。

 

 一次予選の組み分けが発表されて、うむむ、素潜り旬さんと同組か。他の方は、どんな詩を読む人なんだろう。
 作戦、立ててもロクなことがない私は、今、詠みたいものをぶつけるしかないよな。しかし、制限時間が2分。これが、なかなか。だいたい2分越え3分以内の作品が多いからな。

 

午前中あれこれ

 Eテレのコレナンデ商会で「おはようございますの帽子屋さん」歌ってた~。なんか、朝からふわっとしてしまった。

 さて、朝の畑へ。飛び回る蝶々。お、なんかいい瞬間が撮れた。

f:id:ochamatsuri:20201017225753j:plain

  卵、産んでいかないで~と言う思いと、綺麗やなぁと言う気持ちが錯綜する朝の畑。
 あ、クロマダラソテツシジミって言うんですか?

f:id:ochamatsuri:20201017225731j:plain

 郵便局の前の桜の幹。きのこ、かな。

f:id:ochamatsuri:20201017225806j:plain

スーパーで買った豆バンは、一瞬、ハロウィン仕様かと思った。

畑、パン焼き、学び

畑の来客

 畑でおはよう。

f:id:ochamatsuri:20201017225740j:plain
f:id:ochamatsuri:20201017225802j:plain
f:id:ochamatsuri:20201017225736j:plain

 大葉は花が咲き始め、トマトもささげ豆もそろそろ終わりかな。
 少しあいたところにラディッシュの、種をまく。
 こら~、にゃんこ、荒らしていくな~。

 

パン

 久しぶりにパン

f:id:ochamatsuri:20201017225744j:plain

 
 リンゴが出回り始めたので、久しぶりにリンゴの皮で自家製酵母。久しぶりに丸パン。
ストレート法は手軽で良い。
 

世界演劇講座

 アイホールの世界演劇講座、月に一回、いそいそと通っております。
 今年のテーマは日本演劇史の分水嶺
 直接、今の自分に繋がる部分。今月は新劇について。
 新劇の定義が実はあいまいで、どこの部分をさしているのか、と言う分類が面白し。
 2劇のクラシックルネサンス、楽園王や天川での取り組み、阪大博物館の森本薫企画……気がつけば、近代戯曲、戦前の戯曲との関わりが増え、その面白さの発見だったり興味が深くなっているだけに、ふむふむと聞き入っておりました。
 そうか、大きく戦前と戦後と言うだけでも、かわってくるのね。
 政治との繋がり、観客の動員の仕方の話も面白し。
 それにしても、戦後すぐに「女の一生」を書き直した森本薫、生きていたら、どんな戯曲を書いていたのだろう。あの手紙にあった構想が実現していたら、とタラレバ妄想。
 あ、阪大文学部だったけれど、演劇学選考ではなく、講座を一つ取っていただけの私は、とくに山崎正和先生エピソード、ネタもなく、申し訳ない(^_^;)
 来月は、アングラ演劇。黒テントの話も、出てくるよね。黒テントの俳優基礎学校修了の私は、また、もぞもぞしそうです。

鬼退治感想「むー、むー」

鬼滅の刃」、学童の子供たちが夢中になりだした段階で概要はネットで調べたりして知っていたので、それを実際のアニメで確認したという感じでしたが。
 よぉ出来てるなぁ。こりゃ、はまるわけだ。
 るろうに剣心進撃の巨人ハリーポッタードラゴンボールって感じ?あ、忍たまも入ってるか。
 難しいと判りやすいのミックス。登場人物たちの難しい漢字を使った呪文のような名前。でも、なにか意味がありげ。炭焼きの子が炭治郎とか、判りやすい。
 漢字が苦手な子供も、これはなんとか書こうとするという現象。
 衣装が分かりやすいのもポイント。色と柄が決まってるのは、子供にもわかりやすいし、グッズの展開もしやすい。
 と、ついそんなことばっかり考えてしまう大人でごめんなさい。でも、面白かったです。次の土曜日も、見てしまうんだろうな。
 とは言え、子供たちの話題にはどこまで合わせようかな、とも思っている。
 流行っているもの=みんな知ってる、知ってないとおかしい
 と言う流れは好きじゃないのね。知らない人、判らない人、苦手な人もいるんだよ、と言う点は押さえておきたい。私自身が、そのことで小学生のころしんどかったことがあったので。
金八先生」も「熱中時代」も見てなかったからなぁ。主題歌は、周りが歌っているのを聴いて覚え、ストーリーはテレビ欄のあらすじなどを読んで掴んでおく。あれは、なんの努力だったんだと思うけど、担任からして「みんなが知っているもの」と言う前提で話を進めていたからなぁ。


 そんなこんなで鬼滅についてネットで検索してたら、こんなの見つけた(笑)。

www.chickenramen.jp

 むー、むー、とやたら呼ばれている気がする……