川島むーのお茶祭り日記

お茶祭り企画代表、川島むーの心に映り行くよしなし事を、あれこれと

未来への日記・11月ご案内

11月のお知らせ

【11月のお知らせ・その1】
10/29~11/7『宝塚現代美術てん・てん2021』と言うアートイベントが開催されます。「まちとひとをつなぎ、アートの可能性を見出すことをコンセプトに、公園や広場、カフェなどに現代アート作品を点在させ、まちなかを回遊してもらう」と言うもの。

宝塚現代美術てん・てん2021(2021) | 宝塚でつむぐ、つなげるTRAD(Takarazuka Relational Art Days)

  11/6(土)、友金アパートの屋上にお邪魔いたします。アトリエDADAの伊佐地恵子さんがここを作品にされているのですが、「空を見上げる」と言う作品のそのコンセプトに響くものがありました。
 ここで、私の詩「そらあります」を詠みたい!と思った次第。
 と言うことで、11/6(土)、川島むーは友金アパートにおります。ふわっとゆるっと、お客様がいらしたら、詠ませていただこうかな、と。いらした方の興が乗るようなら、何編か他の詩も詠んでいいかな、と言う朗読会とも言えないくらいにゆるりとした感じでコラボさせていただきます。
 ご興味ありましたら遊びにいらして下さいませ(あ、行くよメッセージとか貰えたら、喜びます)。

【11月のお知らせ・その2】

f:id:ochamatsuri:20211101004017j:plain



《お茶祭り企画》  ばんまいライブ 2021 秋
ひとり語り芝居『セロ弾きのゴーシュ』(宮沢賢治
~役者とピアニストでお届けする宮沢賢治の世界~
演出・役者:川島むー
作曲・ピアノ演奏:本多千紘
【日時】2021年11月28日(日)14時~/17時~ *上演時間:約1時間
【会場】楽食ばんまい池田市鉢塚3-15-5 2F    阪急宝塚線・石橋阪大前駅より徒歩15分
【料金】一般2000円/中高生1000円/小学生500円(保護者同伴のこと)
*要予約
*未就学児の入場はお断りしております
と言うことで、夏に上演した『ヨル♪宮沢賢治’21』より物語の部分をピックアップ。とは言え、やっぱり冒頭に詩を一編。軽くおしゃべりをして『セロ弾きのゴーシュ』となります。
上演時間は約1時間。
会場は自然食レストランですが、店休日。でも、1階の八百屋さんは開いているので、お帰りの際にお買い物と言うのもありでございます。

朗読教室「声を出して読んでみる会」オンライン

肩肘張らず、言葉の響きやリズムの楽しさを、一緒に味わいませんか?
まずは、深呼吸。そして顔をほぐすところから。声を出すって、美容にも効果的なのです。

《料金》月2回1500円(一回のみの場合1000円)
《日時》 第2・4水曜日 14時~15時半
   

マンションの空き部屋で開催していた朗読教室「声を出して読んでみる会」、コロナ禍でしばらくお休みしておりましたが、オンラインで再開しました。
今まで参加できなかった遠方の方の参加もあり、当面、オンラインで継続いたします。

zoomを使用しております。お申し込み下さった方に、接続先と会費の振込先をお知らせし、テキストも送らせていただきます。

ご希望の方は、メールなどでお知らせください。

呼んでくださいお茶祭り企画

「呼んで下さい、お茶祭り企画」なのです。
 ピアノと役者一人が動くスペースさえあれば、上演可能。なので、学校の音楽室、公民館、その他施設、ご自宅でも出来ます。ギャラ等は応相談。短い作品なので、一日に2~3回も可能です。
 ちょっとマニアックな解説も入れて、どちらかと言うと大人向けに作っているお茶祭り企画の宮沢賢治作品ですが、「よだかの星」や「セロ弾きのゴーシュ」は子供から大人まで味わっていただけると思います。
 また、ピアノなしで、役者一人での演目もありますので、そのあたりは、ご相談。

 この災禍で予定をキャンセルして空いてしまった枠、規模の大きなもの、人数の多いものを呼べなくなってしまったところもあるかと思います。コンパクトなユニットなので、身軽に出動いたします。
 こんな時のためにフットワーク軽くしていたんだわ、と思うのです。
 ご依頼、ご相談、お待ちしております。

【諸々お問い合わせは……】

 お茶祭り企画 info@ochamatsuri.jp / 06-6863-0751(留守番電話&faxあり)

 

 

美味しいもの

 ここしばらく、家でまともにご飯を用意できない状態が続いていたので、昨日はしっかりめにお家晩ごはん。

f:id:ochamatsuri:20211205004630j:plain
f:id:ochamatsuri:20211205004633j:plain



 ユリ根が出てたのでユリ根ご飯にしよう。あ、銀杏がまだ残ってたな。
 てことで、ユリ根銀杏ご飯となりました~。今朝はおにぎりに。
 写真撮ってないけど、先日朝イチで紹介してた叩き長芋の梅和えは気に入ったようなので、我が家レシピに。

f:id:ochamatsuri:20211205004636j:plain


 ほうじ茶づくしなどと言われては、買わずにはおれないではないかの、食後の甘いもの。
 さて、今日から日曜日までは、鍋からの煮込み系、ひと鍋料理となります。

 

 そして、大事なもの入手。

f:id:ochamatsuri:20211205004609j:plain

MUZINAさん、情報ありがとうございます。
子供の頃お世話になった英語塾の目の前でこぼれ梅が手に入るとは。
さっそくほろほろ口に入れて……あかん、止まらん。

勤労できる感謝

紅葉の季節を楽しみたいのに、やたら急かしてくるよな。
f:id:ochamatsuri:20211205004617j:plain
f:id:ochamatsuri:20211205004620j:plain
幼い子供が「パイナッルプルあるよ~」となで回しておりました。なるほど(笑)

f:id:ochamatsuri:20211205004623j:plain

 風が冷たくなる季節、ビッグイシュー販売員さん、身体に気をつけて。ありがとう、最新号は森山未來君。
 と言うことで、いい夫婦の日の翌日は、勤労感謝の日。もとは新嘗祭、収穫に感謝する日。
 11月にオープンマイクがあると詠んでいた詩は、去年に続き今年も詠んでやる機会が無い。
 ちょっと真面目におさまり過ぎかな、と思う作品ではあるけれど。
 私が、ビッグイシューを販売員さんから買うこと、その際、少しでも何か言葉を交わすことの理由。

甘いもの

 朝ドラ『カムカムエブリバディ』、和菓子屋の安子ちゃんの親友はお豆腐屋さんの子(きぬちゃん)と言う設定。
 段田さん出演なので、つい、『ふたりっこ』へのリスペクト?とか思ってしまったのだが……。
  相方曰く、豆腐は毎日の暮らしに欠かせないものだからではないか?と。なるほど、この時代なら、各家庭、毎日豆腐屋さんに買いに行ってる。それは、和菓子屋さんとの対比だな。ハレとケ。
 で、あっ!と思う。どっちも豆が材料。大豆と小豆。う~む。
 今回の朝ドラ、藤本さんの台本はやっぱり面白い。

 この朝ドラ見てると、なおのこと、和菓子が食べたくなる。

 

f:id:ochamatsuri:20211205004626j:plain

 なんて言いながら、アンテプリマ さんの栗パイ。美味しいのよ~。ごちそうさまでした。

柿プリン

f:id:ochamatsuri:20211205004358j:plain

 これが噂の柿プリン。まぁ、どっちかと言うと柿ババロワだろって感じですが。
固まりにくいと言う話も聞いたけど、思ったよりしっかり固まってくれました。ぷるぷるふわふわって感じです。
 熟した柿と牛乳のみ。器のチョイスは、関西人としては正しかろう(笑)

f:id:ochamatsuri:20211205004613j:plain

 そして、一晩冷蔵庫で固めた柿プリン。昨夜より更にしっかりした感じ。
 これ、柿の種類や熟し具合でも固まり方が変わるんだろうな。