川島むーのお茶祭り日記

お茶祭り企画代表、川島むーの心に映り行くよしなし事を、あれこれと

今後の予定

7月予定

7月は5分芝居のフェスティバルに出ます。喜怒哀楽のどれかをテーマにした5分芝居。私は「哀」をテーマにしたひとり芝居の予定です。

9月予定

 9/23、十三のホーム、スペースコラリオンにて、秋分の日(翌日ですが)コンサートです。私の宮沢賢治朗読と本多千紘さんのピアノ演奏。ヨル♪宮沢賢治とは少し違う形でのお届けです。

 このあと、年内は朗読が続きます。今までやってなかった作品に取り組みます。

時うどん

 今日は学童にてお話の国。

昨日の稽古場

 

 1年生たちにとっては初めて。どうなるかとドキドキでした。
 お話は、落語話「時うどん」。そう、「時そば」ではなく。流れは「時そば」と同じ形ですが。本当は、上方落語の流れの方が好きなのだけれど、同時に3人でて来る形になるので、ちと、難しいかなってことで。
 太鼓でのリズム応答は、予想通り、少し時間がかかる(去年は4年生が率先して乗ってきていたのだけれど、今年はそもそも4年生が少ない、初めての1年生がほとんど)。それでも、言葉での説明をすることはせずに、リズム遊びに持っていけたのは良かったな。
 終わってからは、毎度のことで、太鼓で遊ぶ子と小魔女さんで遊ぶ子と。
 「時そば」をリクエストしてくれていた子が嬉しそうでした。あなたが出席している日で良かったわよ。
 次は、夏休みかな。夏休み入ってすぐの1週間が、5分芝居フェス前で抜けてしまうのだが……。何やろうかなぁ。落語話以外もやりたいし。また、大型絵本を探っておかないとな。

8年前

 うっわ、こんなLaQ出るんや。
 阪急電車大好き小学生は、欲しがるやろなぁ。
 

 さて、Facebookには「思い出」と言うちょっとお節介な機能があります。で、たまに、過去の写真と今の写真を比較してみよう、なんてことも言ってくる。と言うことで、懐かしい写真が上がって来たのでやってみました。出来たページをスクショ!

 「楽屋」をやったのは、もう8年前か。すんごいアングラっぽいわね。

土と戯れる

 千里中央ビッグイシュー販売員さんが新しい人にバトンタッチ。週一回は千里中央に来るから、引き続き新しい方から購入。それにしても、先日買った号の表紙の田中泯さんがセクシー。
 この方、年を重ねるごとに色気が増してませんか?

 田中泯さんと言えば、農業。ってことで、我が家の畑。夏でございます。

 

 畑が夏です。

 

・うちのムカゴは、ナガイモ?ヤマノイモ
・畑の一角に置いた植木鉢では、食べたカボチャの種から元気に育ってます。
・大葉、食べたのだ〜れ?

 

 そしてマリーゴールド
 左は、今年買ったマリーゴールド。あとの2枚は、あっちにもこっちにも、こぼれ種育ちのマリーゴールド……元気が良くてびっくりします。

趣味、煮凝り

 煮凝りが好きです。実家にいたころ、母がお魚の煮付けをこさえてくれると、煮汁を冷やして出来るぷるんぷるんの煮凝りにワクワクしてました。
 先日、相方が晩御飯担当だった際、手羽元と卵とがんもを炊いてくれました。リタイアで在宅となり、週二日ほど晩御飯担当になって約1年、もっぱら茹でる炒めるの人だったので、煮込みは多分、初めて。ちょっと感動。そして、煮凝り。
 具を全部食べたあとの煮汁を小さな器に移して冷蔵庫へ。プルンプルン。
 私が食べてしまっていいのかと問うと、
「どうぞ、その趣味はないですから」
 え~っと、煮凝り食べるのは、趣味なの?
「趣味でしょう」
 まあ、骨付きのものの煮込み系を作る時、煮凝り目当てではあるけど。
「ほら、やっぱり趣味でしょ」
 趣味か、趣味なのか~。
 これから履歴書には「趣味・煮凝り」って書こうか(笑)

 あ、煮込みはこんなのでした。

 ここに、絹さやとかいんげんとかの茹でたので緑を添えるとか、ゆで卵を切って黄色の色味を添えるとかすると……ってな贅沢は申しません。作ってくれるだけでありがたいよ。

暑い熱い

 この夏、初のエアコ〜ン。
 ……暖房がかかっていて焦った人、私だけじゃあないよね。

 さて今夜、この暑い中で熱いおうどんにしたのは、来週の学童で「時うどん」をやるからです。
 今年たくさん入ってきた1年生達にとって「むー先生のお話の国」は、初めて。太鼓でのリズム応答とか、どうなるかなぁ。
 お金の単位とか時間の呼び方とかの説明は、落語家さんなら言葉でやるんだけど、はい、フリップ作りましたよ。宿題で時計の読み方が出始めているので、よきタイミングかな。
 時そばを知ってる子もいるので、江戸落語上方落語なんて話もちらっと入れるのは、都道府県についての学習が始まる4年生向け。