川島むーのお茶祭り日記

お茶祭り企画代表、川島むーの心に映り行くよしなし事を、あれこれと

【お知らせ】ひとり語り芝居、ゲスト、教室

 

お茶祭り企画 ヨル♪宮沢賢治'19 ひとり語り芝居『よだかの星』他

f:id:ochamatsuri:20190902014806j:plain
f:id:ochamatsuri:20190902014814j:plain

2005年から始めた、ピアノと共にお届けしている「ヨル♪宮沢賢治シリーズ」。本多千紘さんとは2度目のタッグです。
よだかの星』と『カイロ団長』、そしてお喋りと。川島むーの宮沢賢治ワールドをお楽しみください。

大阪公演中日が、宮沢賢治の命日と重なっております。


ヨル♪宮沢賢治'19 ひとり語り芝居『よだかの星』他

〈キャスト・スタッフ〉
作・宮沢賢治
構成・演出・出演:川島むー
作曲・演奏:本多千紘
宣伝美術:ササキマキ
劇中画:増田文子
舞台監督:大阪公演・林直樹(第2劇場)/ 東京公演・長堀博士(楽園王)

〈料金〉

一般:前売2,000円/当日2500円
中高生:500円(前売・当日とも)
小学生無料

【大阪公演】 
9月20日(金) 19:30
9月21日(土) 15:00/19:00
9月22日(日) 11:00/15:00

スペースコラリオン(旧カフェスロー大阪)
〒532-0028 大阪市淀川区十三元今里2-5-17

【東京公演】 
10月25日(金) 19:30
10月26日(土) 15:00/19:00
10月27日(日) 14:00

あさくさ劇亭
〒111-0035
東京都台東区西浅草2-8-2
電話 03-6231-6047
https://sites.google.com/site/asageki/

制作・お問い合わせ:お茶祭り企画 tel&fax 06-6863-0751 e-mail info@ochamatsuri.jp 

 

いきなり九雀の日

 落語家・桂九雀さんの会に、ゲスト出演することになりました!
10月18日(金)@豊中市伝統芸能館(阪急宝塚線岡町駅近く)
 あ、私は落語ではなく、ひとり語り芝居『けだもの運動会』を。時節柄、川島むー的オリムピック噺と言うことで。
 なんと、出囃子も付けていただけるそうで、「星めぐりの歌」をリクエスト。楽しみで仕方が無いです。

朗読教室 声を出して読んでみる会

 

 
f:id:ochamatsuri:20190404164820j:plain
f:id:ochamatsuri:20190404165237j:plain



  肩肘張らず、言葉の響きやリズムの楽しさを、一緒に味わいませんか?
 古文から近代・現代まで。詩・小説・絵本など。タイトルは知っていたけれど読んでいなかったあの小説、昔読んだ懐かしい物語、改めて声に出してみることで、きっと新たな発見があります。
 読書会の要素も兼ねた、朗読教室です。

 まずは、深呼吸。そして顔をほぐすところから。声を出すって、美容にも効果的なのです。

《料金》一回500円(資料代込み)。
《日時》毎月第2木曜日 14時~15時半

   公演などにより変更になる場合もあります。初めてご参加の方は、お問い合わせください。
《場所》豊中市長興寺南3-14-18 サンライズフレア105
   (阪急・宝塚線曽根駅 徒歩10~15分)

    マンションの空き部屋での開催です。小さなお子様連れでの参加も可能です。

《問合せ》お茶祭り企画 info@ochamatsuri.jp

                                           06-6863-0751(留守番電話&faxあり) 

 

コラリオンへ

 さてさて、明日は初日です。お陰様で、初回は満席です。
 ただ、フリースペースですので、どうしてもこの日でなければと言う方はお申し出ください。増席対応いたします。

f:id:ochamatsuri:20190919225435j:plain

 では、スペースコラリオン(旧カフェスロー大阪)への行き方です。
 阪急電車の十三駅西口(神戸線側)を出て、喜八洲総本舗さん(酒饅頭や、みたらし団子が美味しいです)を右手に真っ直ぐ。大きな横断歩道があるので、渡ります。
 渡るとそこはもう、アーケードのフレンドリー商店街。ずず~っと歩いて下さい。商店街好きな方は、早めに来て、ぶらりお散歩をどうぞ(私は八百屋さんでお野菜を買いたくなります。)
 やがて、高架が現れます。くぐると、ここからは元今里商店街(もといまロード)。右手にはピュア13と言うスーパー。左手には事務用品屋さん(なにかとお世話になってます)。もう少し行くと、右手に時代屋と言う鶏肉屋さん(鶏皮せんべいが美味しいです)、お惣菜の三国屋さん、スシマスさん(どのお店も、公演中お世話になってます)。
 ここで右に曲がると、シャッターが閉まってますが、たこふくさん。その隣が、コラリオンさんです。
 入り口は、少し先の角にあります。

 

 

週末、雨予報ですが、ほとんどアーケードの中と言うのは、出演者の身にもありがたいのです。
どうぞ皆さま、お越し下さいませ。

 

よだかを思う

 『よだかの星』をやる時、わたしはいつも、カワセミのことを思う。兄さんが大好きで、甘えん坊で寂しがりのカワセミのことを。
 この物語は、美しい物語ではない。

 と言うことで、稽古も大詰めなのです。まだ、お席に余裕があります。特に、22日(日)11時~の回。
 一方で、20日(金)19時半~は満席間近でございます。
 いずれも、ご予約はお早めに。お待ちしております。

f:id:ochamatsuri:20190919001827j:plain
f:id:ochamatsuri:20190919001822j:plain

稽古場風景。
「よだか、かわせみ、はちどり三兄弟について」そんな場面。

「カイロ団長じゃ」

PSJ大阪

 最後の詰めの作業真っ只中。
 一方で、公演が終わったら、ポエトリースラムジャパン大阪大会があるわけです。
 ポエトリースラムジャパンそのものが、これがラストとも言われてますので、皆様、観戦のチャンスを逃されますな。こんな、言葉の世界もあるのですよ。

出場者一覧は、こちら。
https://twitter.com/ikoma_TAIDOU/status/1173576873822965760

 

f:id:ochamatsuri:20190919001432j:plain



訪問

関西風

 月は雲隠れしておりましたが、お月見団子。はい、関西風。

f:id:ochamatsuri:20190919000333j:plain

 

母校訪問

 今日は、母校に行って来たのである。
 私の頃には無かった演劇部が気になり、一度伺いますと言いつつ機会がなかなかなかったのだが、ようやっと。
 私の頃は、生活指導がやたら厳しく、息苦しさはあったのだろうけれど、私はそのあたり鈍かったのか、制約の多い中で、それなりに楽しんでいた母校。
 校舎は新しくなり、まぁ、明るいこと。かなり特徴的だった制服も変わって(制服マニアさんを、がっかりさせたぞ)、母校感がまるでないと言う。職員室に気安く出入りしている生徒たちの姿は、もう、隔世の感よ。
 これは、もう、御世話になった先生方がいらっしゃらなくなったら、知らない世界になってしまうわね。なんせ、私の頃の若手の先生が校長だからなぁ。
 演劇部が出来ただけでなく、劇団衛星さんによるワークショップも受けていると言うのがね、それは良いと思いつつ、先を越された感だわ。
 浦島気分たっぷりの時間でありました。
 あ、演劇部は、目下部員が少なくて大変そうね。うわぁ、なんか、手を出したくなる。