川島むーのお茶祭り日記

お茶祭り企画代表、川島むーの心に映り行くよしなし事を、あれこれと

【お知らせ】出演、教室

出演

f:id:ochamatsuri:20200126232449j:plain
f:id:ochamatsuri:20200126232453j:plain

 

3/11~15に清流劇場2020年3月公演『織工たち Die Weber』に出演いたします

ご予約は、こちら。川島むーの窓口でお願いいたします。

https://ticket.corich.jp/apply/105142/013/

以下、公演詳細です

清流劇場2020年3月公演『織工たち Die Weber』

 原作:ゲルハルト・ハウプトマン

 構成・演出:田中孝弥

 翻訳・ドラマトゥルク:丹下和彦

 ドラマトゥルク:柏木貴久子

 

公演日程:

2020年

3月11日(水)19時

3月12日(木)19時

3月13日(金)14時・19時

3月14日(土)14時(終演後、アフタートークがあります)→出演者はwebで公表します。

3月15日(日)14時

※各回、開演15分前より田中孝弥によります《ビフォアトーク》を行います。

 

入場料金:日時指定・自由席

(公演サポーター様の優先入場。その後、整理券番号順でのご入場となります。)

一般前売券4,300円 当日券4,600円

ペアチケット8,000円

U-22券2,500円(22歳以下の方を対象。要・証明書提示)

シニア券4,000円(65歳以上の方を対象。要・証明書提示)

*ペアチケット・U-22券・シニア券は、前売発売のみとなります。

*開演1時間前より整理券を発行、開場は開演の30分前です。

*小学生以下のお客様はご入場になれません。

 

★当日券のお客様は、開演10分前からのご入場となります。

★当日精算券のお客様は、あらかじめお名前とご来場日時・人数・券種(一般・ペア・U-22・シニア)をお知らせください。

 

会場:一心寺シアター倶楽

〒543-0062 大阪市天王寺区逢阪2-6-13 B1F

tel:06-6774-4002

http://isshinji.net/kura/index.html

*各線「天王寺駅」、Osaka Metro谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅」、堺筋線恵美須町駅」より、徒歩約10分。

*お客様用駐車場はございません。お車でお越しの場合は近くのコインパーキングをご利用ください。

 

 

出演:

上田泰三(MousePiece-ree)

髙口真吾 

倉増哲州(南森町グラスホッパーズ) 

峯素子(遊気舎) 

服部桃子

日永貴子

田村K-1 

永津真奈(Aripe)

萬谷真之 

曽木亜古弥 

川島むー(お茶祭り企画) 

東出ますよ 

土肥嬌也 

冨迫晴紀 

坪田直大(音声劇団五里夢中) 

浜本克弥(小骨座) 

佐松翔 

深見悠稀 

 

音楽・演奏 :

仙波宏文 Semba Hirofumi 

 

スタッフ:

舞台監督:K-Fluss 舞台美術:内山勉 舞台美術アシスタント:新井真紀

照明:岩村原太 照明アシスタント:塩見結莉耶 照明オペ:木内ひとみ

音響:廣瀬義昭(㈲ティーアンドクルー) 衣装:HIROKO

小道具・パンフレット本文デザイン:濱口美也子

ヘアメイク:島田裕子 ヘアメイク監修:歯朶原諭子(High Shock)

振付:東出ますよ 写真:古都栄二(㈲テス・大阪) ビデオ:㈱WAVIC

web・制作協力:飯村登史佳 宣伝美術:黒田武志(sandscape)

特別協力:森和雄 演出助手:大野亜希

協力:㈲ウォーターマインド・イズム・㈱舞夢プロ・㈱リコモーション・10ANTS・㈱ウィングウェーヴ・バンタンデザイン研究所大阪校

堀内立誉・佐々木治己・川口典成・森岡慶介

提携:一心寺シアター倶楽

制作:永朋

企画:一般社団法人清流劇場

 

 

 

朗読教室 声を出して読んでみる会


*次回は2/13(木)開催です。

 

 
f:id:ochamatsuri:20190404164820j:plain
f:id:ochamatsuri:20190404165237j:plain



  肩肘張らず、言葉の響きやリズムの楽しさを、一緒に味わいませんか?
 古文から近代・現代まで。詩・小説・絵本など。タイトルは知っていたけれど読んでいなかったあの小説、昔読んだ懐かしい物語、改めて声に出してみることで、きっと新たな発見があります。
 読書会の要素も兼ねた、朗読教室です。

 まずは、深呼吸。そして顔をほぐすところから。声を出すって、美容にも効果的なのです。

《料金》一回500円(資料代込み)。
《日時》毎月第2木曜日 14時~15時半
    *2020年3月は、第3木曜日3/19開催です。

   公演などにより変更になる場合もあります。初めてご参加の方は、お問い合わせください。
《場所》豊中市長興寺南3-14-18 サンライズフレア105
   (阪急・宝塚線曽根駅 徒歩10~15分)

    マンションの空き部屋での開催です。小さなお子様連れでの参加も可能です。

 

【諸々お問い合わせ・ご予約は……】

 お茶祭り企画 info@ochamatsuri.jp

          06-6863-0751(留守番電話&faxあり) 

 

ポエトリー・ナイトフライト

 本日はこちらに参加しておりました。chori氏主宰の、オープンマイク&スラム。

chori.info

 
 沖縄のずんやまさんがゲストだったり、千葉から上條美由紀嬢が来てたり。こじんまりした空間は、もりもりの盛り沢山。
 オープンマイクは5分だったので、3分枠では詠めない「童話の博物館」を。スラムでは、もうすぐ節分なので「鬼と言う字」を。
 スラム出場者は8人。それぞれが終わったあとに、封筒が回ってきて投げ銭投入。その額で優勝者が決まり、次回、チャンピオンステージとして、10分の枠が貰えると言うシステム。昔、高田馬場にあったベンズカフェ方式ですね。

 え~っと、はい、優勝でした~。ちょっと、びっくり。言葉が届いた感は、オープンマイクの方が強かったので。
 実はこの詩は、数年前のポエトリースラムジャパンの全国大会に出た際に詠んでいるのだけど、敗退と言う結果で、ちょっとトラウマ含み。だから、迷ったのですが、思いきってぶつけてみたのが良かったかな。

 だから、誰かと戦った、と言う感覚はない。自分の書いたテキストを一度突き放し、その言葉に向き合った感覚。
 うん、久々の優勝と言うフレーズは、素直に嬉しいです。
 なにはともあれ、来月。
 清流劇場の稽古はオフだけれど、翌日、通し通しのハードな日が控えていると言う……こりゃ、今日と同様、打ち上げには参加出来ぬな(^_^;)
 てことで、来月のポエトリー・ナイトフライトは、2月23日です。

f:id:ochamatsuri:20200127024857j:plain



 帰りに永楽屋でみかさを買って帰るのでした。



江之子島

 

江之子島

 江之子島文化芸術創造センターの地下に、お洒落なカフェが出来ているではないですか。

f:id:ochamatsuri:20200127003418j:plain
f:id:ochamatsuri:20200127003421j:plain



 キッズスペースに巨大なクマが倒れておりまして、あんまりな姿だったので起こしてみたのですが……なんか、愚痴を聞いてやらなきゃならない感じに…

 

二度あることは

 一昨日、阪急宝塚線、梅田駅に着く直前で、「前の列車がお客様対応のため……」と、停車。
 翌日、大阪に向かう環状線京橋駅目前で、やはり京橋駅でのトラブルで、停車。
 今日、御堂筋線本町駅で降りたら、乗り換える予定の中央線全線ストップ。……降りるんじゃなかった。御堂筋線に戻ってなんば駅から千日前線に。
 二度あることは三度ある。はい、これにて打ち止めと願いたい。

あっちこっち海月

 今日は移動の多い一日。
 家庭の事情で昨夜は阿波座です一泊。朝ごはん食べて曽根に戻って歯医者。

 帰宅して洗濯してお昼食べて、十三へ。海月文庫に寄ってから、学童へ。

 終わって天王寺に出て清流劇場の稽古(のっけから歌の稽古でがっつり歌う)。

 そして、曽根まで戻ってきたら、駅前スーパーはもう閉店時間。買い物出来ず。しばらくこんなばたばたが続きそうで、稽古後の飲みに参加する余裕が、ないかなぁ。

 そうそう、海月文庫はバイトでご一緒してる方に教えられたのだけど、あれ?見たことあるなと思ったら、そうか絵本の岡田さんの動画で見たの、ここだ。となったのでありました。
 そして、楽市楽座の長山さんと繋がっていることが分かり、桜井市場のlibraryThinkさんやdadaさんとも繋がっていることが分かり、あ、京谷さんも繋がってる。
 色んな矢印で繋がっているのでありました。
 と言うことで、清流劇場のチラシもお預けしてきたのでありました。

鉄分と落語と

鉄分

 空からグゥオンッと唸る音。ふむ、大阪空港は14運用中でござるな。
 グゥッと飛んでいく飛行機を見上げる。目には見えない、上空の風を感じる。
 空を、雲を、見るのは面白い。だから、地震雲とか神の手の雲とか言う話は、見てられない。
 さて、今日は久しぶりに朝からモノレールです。高いところから母校を眺めたり、これで出勤していた日々をちょっと懐かしんだり。

f:id:ochamatsuri:20200127000027j:plain

 そして、停車中のモノレールの中から。運転手さんが来る前に、こんな写真を撮ってはしゃぐのでした。

落語

 本日、落語の日。いや、この前から学童で、何人かの前で『じゅげむ』 (適当につまんでのショートカット版)を語ったのだが、反応はいまいち?と思ってたら「この前のやって」と言う子。あら、覚えてたの?とやったら、近くで聞いていた別の子が食いついてきた。そう言えば、音読が上手な子だったわ。
 と言うことで、今度はその子からのリクエストでもう一回。「もう一回!」いや、さすがにしんどいんですけど……。この、じゅげむの無限ループは、横浜の学童でもあったなぁ(^_^;)
「じゃあ、他の」と言うことで、「まんじゅう怖い」「動物園」を。素直に受けておる。ん~、次にリクエストがあったら何をやろうかしら。
と言うか、その子がやってくれんかなぁ。

 
 
 

ヒロシです

 今日の朝ドラで「ヒロシ」と言う名前を思い出すのに「内山田さん」「は?」「あ、川崎さん?」「誰?」「あ、ヒロシや」
 と言うやりとりがあって、なるほどヒロシは洋であったか、と思った次第。
 しかし、細かいネタやな~。わからへん人もいるやろと思ったら、「内山田は判ったけど、川崎?だれ?」「作品知らない」と呟いてる人が結構いて、ちょっと残念。
 でも、そのお名前を意識してないだけで、多分、教科書とかで読んでるんだと思うのよね。少なくとも、子供達の音読の宿題の中には出てくるぞ。